先代との比較に悩んでいませんか。

「等身大リーダーシップ」
後継社長が信頼される経営者になるために

ポッドキャスト「幸せにする人の話」

002 中澤信幸はあなたの自己成長を支援します

中澤信幸は、20年の迷走期間を経て、ようやく「自己成長を促し、信頼、尊敬されるリーダーになることを支援する」という自己理解、目的宣言に行き着きました。「成長する人の話」をとおして、リスナーの方が遠回りせず自分の歩みに取り組めるように支援します。
ポッドキャスト「幸せにする人の話」

001 「成長する人の話」は自己成長支援番組

「成長する人の話」第1回は番組概要の説明。悩める管理職に対して、自己成長を支援する。自己理解、目的宣言、貢献意識をとおして、信頼、尊敬されるリーダーになる。
サーバント・リーダーシップ

サーバント・リーダーシップとは何か?

サーバント・リーダーシップとは、2つの側面から理解できる。支援的な関わりをするサーバントが、主体的な行動を促すリーダーとして機能するという両面である。支配型のリーダーシップとは対象的に、個が尊重され、生き生きとした取り組みが実現する。
サーバント・リーダーシップ

サーバントの考え方10   受けるより与えるほうが幸せである

サーバントの特徴的な考え方の10個目は、与えることの喜びを知っていることです。それゆえに、いつも変わらずに、信念を持って、損失にも関わらず、与え続けることができるのです。
サーバント・リーダーシップ

サーバントの考え方9  きっといつかは助けられ、報われる

サーバントの特徴的な考え方の9つ目は、確かな実現を信じ続けることです。一朝一夕に、たやすく実現することは多くありません。しかし、取り組みそのものに力があり、背後に神の御手を信じるゆえに取り組み続けることができるのです。
サーバント・リーダーシップ

サーバントの考え方8   人は何をどう与えたかで評価される

サーバントの特徴的な考え方の8つ目は、与えることを最大限優先することです。自分が持っているものはすべて、人のために役立てるために与えられていると認識しているからです。
サーバント・リーダーシップ

サーバントの考え方7 敵はいない、味方とそうでない人だけ

サーバントの特徴的な考え方の7つ目は、敵を作らず、できるだけ相手を理解し、協力者にしていくことです。これによって、より広がりをもった協力関係へと発展します。
サーバント・リーダーシップ

サーバントの考え方6 同じ結果なら多くの人が関わるほうがいい

サーバントの特徴的な考え方の6つ目は、多くの人に関わってもらうことです。このことによって、働きが広がり、また長く続いていくことになります。
サーバント・リーダーシップ

サーバントの考え方5 すべての良いことに行う価値がある

サーバントが持つ特徴的な考え方の5つ目は、小さな行動にも価値を見出すことです。それは確かに影響力を持っていて、時間をかけ、プロセスを経て、良い結果をもたらすと信じているからです。
サーバント・リーダーシップ

サーバントの考え方4 十分に受ける者こそ与えることができる

サーバントに特徴的な考え方の4つ目は、十分に受けることによって与えることができる、ということです。与え続けるだけ、ということはありません。素直に受けることも必要です。
タイトルとURLをコピーしました