強み×使命 = ミッション・ワーカー

自分の使命を120%果たすために
最初の一歩は5つの強みから!

サーバントの考え方2 どんなことでも人のために用いられる

人を助けて、仕えて生きたいのに、そのための能力がない、と嘆く人がいます。

確かに、すごくデキる人と自分を比べたら、そう思うでしょう。

自分にできることなんて、ほんの少しで、意味がない、と。

サーバントの特徴的な考え方のふたつ目は、能力に対する考え方です。

誰であっても、それぞれにユニークな、役に立つものをもっているというのです。

与えるために任されている

人生の目的は仕え合うことで、他者と競争して勝つことではありません。

競争による優越感ではなく

競争は、自分と他人との比較です。

多くのものを手に入れることによって、他人より優位な立場を得ることができます。

たとえば、経済的にうるおっていれば、自分も満足できるでしょうし、人からも羨ましがられるでしょう。

良い業績をあげれば、評価されて、仲間より早く昇進することができるでしょう。

素敵な洋服を着て、好きなところを旅行し、仲間と楽しく過ごして「いいね」をたくさんもらえれば、優越感に満たされます。

そうやって、自分のために人より多くのものを得ようとするのが競争です。

よいものは人を幸せにするために

しかし、サーバントは自分のために得ることで満足しません。

人を富ませようとします。

自分が手に入れたものを与えることによってです。

この世には多くのよいもの、私たちの心を満たすもの、すてきなものがたくさんあります。

ふさわしく活用すれば、相手を幸せにするために役立てることができます。

サーバントは、自分が手にするものは活用するために任された預かりものなのだ、と理解します。

与えられているいろいろなもの

「私は特別なものを持っていない」

「人のために役に立つものなど何もない」

という声が聞こえてきそうです。

特別なものでなくても、どんなものでも、人のために用いることができます。

どんなものでも用いることができる

  • たとえば、経験です。一人ひとり違う人生を歩んでいます。まったく同じ経験をしてきた人はいません。特別な成功でなくても、それぞれのユニークな経験だからこそ、助けになれることがあります。失敗談を語ることで同じ過ちをしないように助言できるでしょう。同じような経験談は安心感を与え、心の支えになるでしょう。
  • 技術で人を助けることもできます。その人にしかできない技術を利用して、できなかったことをやってもらえたら、大きな助けになります。
  • 人には違った能力が与えられています。それぞれの強みとか、長所と言われることも含みます。関わってくれることによって、グループの力が一回りも二回りも大きくなることでしょう。
  • 人間関係も用いることができます。助ける人を紹介する、人と人とをつなげる役割はとても大きなものです。たくさんの人を知っている、頼める人がいるというのは、自分が助けになれる以上のことを成し遂げることができます。
  • 時間も用いられます。人のために時間を提供することです。何か特別なことをしなくてもよいのです。隣に一緒にいて時を過ごすことが、どれほど大きな助けになることでしょう。孤独をいやし、力を与え、勇気づける働きをします。
  • アイデアで人を助けることもできます。豊かな発想によって、視野を広げることができます。違った角度から考えてみることを促します。いろいろな可能性があることがわかれば、余計なこだわりを捨てることもできるでしょう。八方ふさがりの袋小路のように思えても、実は道が開けていることを示せば、それも大きな助けになります。
  • 財産も人を助けることのできるものです。物事を動かしていくために資金が必要になる場合も多くあります。お金がなくて身動きがとれないという人も少なからずいます。奨学金や支援金などは、足かせとなっている経済的な要素をクリアするために有益です。
  • 知識も人のために役立ちます。専門的な知識は、見えない世界を見えるようにします。ものの道理や仕組みを明らかにします。理解が進み、新たな展開を生み出すことにつながるでしょう。ノウハウをアドバイスすることで、もっと効果的に成果が上がるでしょう。

どう使うかはあなた次第

あたたかい気づかい、力ある立場、率直な言葉、その他のあらゆるものが人の助けになります。

すべてのものは道具として用いられます。

自分のためだけに使うのか、人を傷つけるために使うのか、それとも人を助けるために使うのか、それはあなた次第です。

サーバントは、生きる目的が誰かを笑顔にすることだと自覚しているので、あらゆる良いものを惜しみなく人のために用いるのです。

まとめ

サーバントは、人との競争に巻き込まれません。自分に与えられているものは、人のために役立てることができると知っています。そして、喜んで、それを活かします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました