人生後半戦、もう迷わない。

「強み × 貢献 = 使命」
確信と誇りある自分の人生探し

初めての方へ

「サーバント・スタイル」は、使命感で働くミッションワーカーを全力でサポートします。

使命感で働くミッションワーカー

ミッションワーカー???
初めて聞く言葉でしょう。
サーバント・スタイルが勝手につけた呼び名です。

どんな人たちを指すのか、説明します。

ミッションワーカーが願っていること

あなたは、何のために働いていますか?
どんな目的で仕事をしていますか?

仕事の目的は、大きく分けて3つあります。

一つは、経済的な目的です。
仕事をして収入を得る。
収入が得られれば、満足行く生活をすることができる。
収入がなければ、生活が困窮する。
仕事によって経済的な報酬を得ることは重要なことです。

もう一つの目的は、社会的な目的です。
成果を上げることで評価され、地位を得る。
評価されれば、影響力を持ち、よい関係を築くことができる。
評価されなければ、社会生活で存在感を持つことができない。
仕事によって、他者から認められることは重要なことです。

さらにもう一つ、大切な目的があります。
それは、存在意義から来る目的です。
人に助けをもたらすことで、貢献することができる。
これこそ、私が果たすべき使命である。
使命を果たせれば、誇りを持つことができる。
使命を果たせなければ、人生の意味づけを失ってしまう。
仕事によって、使命を果たすことは重要なことです。

ミッションワーカーは、特に3番目の目的を重要視します。

お金のためだけではない。
地位のためだけでもない。
大切な人たちの助けになりたい。
自分に与えられた使命を果たしたい。

それがミッションワーカーの願いです。

ミッションワーカーの姿

では、ミッションワーカーはどこにいるのでしょうか?
どんな仕事をしているのでしょうか?

ミッションワーカーは、特別な職種に限定されません。
なんなら、仕事で収入を得ていなくてもかまいません。

ミッションワーカーの条件はたった一つ。
与えられた使命を果たすことに励んでいることです。

  • 働く母親をサポートする事業を起こした社会起業家
  • タイの貧困問題を解決する非営利団体の職員
  • レクを担当する高齢者福祉施設のボランティア
  • 患者さんとの丁寧な会話を心がける医師
  • 地方にいる年老いた両親の元に通い、介護をする主婦
  • 外国から来た家族のために相談に乗る弁護士
  • 子どもとその家庭に関わり続ける学校教師
  • 地元の町おこしに関わるフリーのデザイナー
  • アマチュアスポーツの運営に関わる学生
  • 若手コーチの育成に励むベテランコーチ
  • 神と人とに仕えて助けをもたらすキリスト教牧師

例を挙げれば、キリがありません。

あなたも、ミッションワーカーとして生きているでしょう。
あるいは、そう願っているところかもしれません。

ミッションワーカーは、とても貴重な存在です。

ミッションワーカーの悩み

そんなミッションワーカーにも悩みがあります。
「尊い使命に励むならすべてうまくいく」わけではありません。

一筋縄では行かない数々の課題

もともと、使命は困難な課題を解決するものです。
簡単に解決して、物事がスムーズに進むことはありません。
加えて、使命に励む者だからこその悩みもあります。

  • もっと経済的に余裕のある取り組みにしたい
  • 家族や親しい人との関係を犠牲にしてしまっていないだろうか
  • いつも思いがけないことばかり起こり、気が休まらない
  • うまく行かないことが続くと、投げ出したくなる
  • 自分がどんなに努力しても、現実は変わらない
  • リーダーとして、お手本にならなければいけない
  • 自分には荷が重い、漠然とした不安がいつもある
  • 周囲の人は、私の熱意を理解してくれているだろうか
  • いつか自分が燃え尽きてしまう気がする
  • もっと協力者が必要だ
  • 将来の展望が見えてこない

「あり方」が一番大きな課題

ここに挙げた多くは、ミッションワーカーの内面の課題です。

どんな思いで、何を目指すのか。
周囲の協力をどこから得るか。
気力をいかに維持するか。
自信が持てないときどうするのか。
誰を信頼するのか。
喜んで使命のために尽くし続けられるか。

言い換えれば、問われているのは「あり方」です。
使命を果たすには、やり方ではなく、あり方が大きく結果を左右します。

ミッションワーカーには、「あり方」への取り組みが不可欠です。

頑張っても内面は成長しない

実際的な課題であれば、スキルや知識で解決できます。
しかし、「あり方」の成長は努力によっては得られません。

努力によっていい人になろうとすれば、無理が重なります。
自分の本当の姿を見失っていきます。
段々と苦しくなるでしょう。

内面の成長をすぐにもたらすような特効薬はありません。

ただ必要なのは、じっくり自分と向き合い、取り組むことです。
人格の力を磨き続けます。

コーチである私の願いは、ただ一つだけ。
近道はないけれど、遠回りはしないで欲しい。

自分の成長のために必要な3つのこと

ミッションワーカーの成長に必要なのは3つのことです。

一つ目は、深い自己理解です。
二つ目は、明確な使命です。
三つ目は、確立した信念です。

「サーバント・スタイル」は、この3つをテーマにします。
一人一人が成長して、使命を果たせるようにサポートします。

自分を深く理解する

まず、何にどう取り組むかを見つけるためにも、自分自身を理解することから始めましょう。長所や短所、パーソナリティなどを整理することによって、今の自分の行動や、まわりの人との関係を深く理解することができます。

丁寧に自分の歩みを振り返ってみると、自分が経験してきたこと、与えられている能力、備わってきた性格や気質、身につけてきた行動パターンがあることに気が付きます。そして、自分が自分らしくあるとはどういうことか、まわりの人との望ましい関係はどのようなものか、イメージできるようになります。

「サーバント・スタイル」では、自己理解の助けになる考え方、ツールやワーク、その活用のヒントを紹介していきます。中でも、ストレングス・ファインダーの活用に重点を置いています。誰かの真似ではない、自分自身の持ち味、強みを伸ばして欲しい、と願っているからです。

自分の使命を明確にする

自分を正しく理解すると同時に、自分の使命についても、あらためて考えてみましょう。誰を幸せにするのか、どう関わるのか、どんな影響をもたらすのか、ということです。あなただけに与えられている、存在の目的を見つけましょう。

自分の使命が明確になると、時間やお金、体力の使い方が変わってきます。具体的な行動の判断をするための指針ができるからです。迷いがなくなり、取捨選択が容易になります。

自分の歩みに自信と誇りを持てるようになります。周りの人もよく理解して、協力してくれるようになります。

「サーバント・スタイル」では、使命についての基本的な考え方、また実際的な見つけ方を伝えます。さらに、効果的に自分の使命を周囲に伝えて、理解と協力を得られるようにサポートします。

自分の信念を確立する

自己理解が「誰が」ということであれば、使命は「誰に何を」ということです。一方、信念は「どうやって」の部分にあたります。

例えば、家族を幸せにする、という大きな目的を成し遂げるにしても、やり方はさまざまです。その際、あれは絶対にやらない、どうしてもこうやらないといけない、など、小さなマイルールが生まれてくるでしょう。それらを気まぐれに決めるのではなく、はっきりした信念をもとに定めることが必要です。

本当の信頼や尊敬は、表面上の行動に対して与えられるものではありません。あなたがどんな信念を持っているのか、どうやってそれを実行しているのか、を周囲の人が認めてはじめて、生まれてくるものです。

自分らしさを活かし、人を幸せにすることは、信念なしにできるものではありません。仕えることを基本とする信念を自分のものにしましょう。

「サーバント・スタイル」では、頼りになる存在として周囲を支えていくために、信念となるマインドセットについて情報提供します。またその実行についても、サポートしていきます。

サーバント・スタイルはサポート役

中澤信幸は、ミッションワーカーのサポートを使命にしています。
「サーバント・スタイル」も役立ててもらうためにあります。
自分の状況にあわせて活用してください。

「サーバント・スタイル」が提供すること

「サーバント・スタイル」では、主に3つのプログラムを用意しています。

  • ブログやポッドキャストのコンテンツ(無料)
    自分を知り、使命を明確にし、信念をもって行動するために有益な情報を提供します。自由に読んで、聞いて、役立ててください。
  • オンラインコース(一部有料)
    自己理解や使命の明確化、信念の確立など、具体的なテーマについて、音声、動画などのコンテンツによってワークに取り組みます。出かけることなくオンラインで、自分のペースにあわせて取り組むことが可能です。
  • 1on1コーチング(有料)
    より具体的な取り組みについて、個人の状況に合わせて、オーダーメイドでサポートします。自分をよく理解して、応援してくれるコーチングは、自分が変わっていくために非常に大きな助けになります。

サーバント・スタイルが、あなたの役に立つことを心から願っています。

読者登録がおすすめ

使命を果たすために成長したい、と願っているならば、サーバント・スタイルの読者登録がお薦めです。

登録した方には、ときどき中澤信幸からメールを送信します。ブログに書くことや、ポッドキャストで話すこと以外に、「役に立つかな」と思ったことをお知らせします。

その中には、オンラインコースについて登録読者だけの割引情報、1on1コーチングの優先予約なども含まれています。

以下のフォームにメールアドレスを入力して、ご登録ください。

いま自信が持てなくても大丈夫

想像力を働かせて、情景を思い浮かべてみましょう。

子どもの結婚式の日です。
すべてが無事に終わって、帰宅しました。
少し放心状態で、妻と向かい合っています。

「やれやれ、どうにか無事に子育ても終わったな」
「そうね、長いようで、あっという間だったわね」
「苦労させたことも多かったな」
「お父さんのほうこそ、苦労したわよね」
「どうなることか、と思ったこともあったけど」
「家族のためにがんばってくれてありがとう」

そんなふうに語り合う日がくるでしょう。
そのとき、しみじみと振り返ることでしょう。

「あのとき諦めないでよかった」
「あれが自分にとって転機だったな」
「これまで苦労したことも報われた」

あなたの歩みは、未来につながっています。自己理解が深まり、使命が明確になり、信念をもてるようになると、自分の行動も、他人との関わりも徐々に変わってきます。その積み重ねが、将来の喜びをもたらすのです。

誰も自信満々に父親としての責任を果たしているわけではありません。その時々にふさわしいことを、不安や怖れと葛藤しながら、選び取っているのです。

家族を幸せにしたい、というあなたの願いがそのとおりに実現することを願っています。もちろん、色々なことは起こるでしょうが、ひとつずつ乗り越えて行きましょう。

大丈夫、あなたならきっとできる。
私はそう信じています。
だから、全力でサポートします。

 

忘れずに、読者登録をしてくださいね。

 

中澤信幸の自己紹介の記事はこちら

中澤信幸 「強み×貢献=使命 サーバントライフコーチ」
中澤信幸は、人の助けになりたいと願いながら具体的な方法がわからずに、かつては迷走してきました。いまや、自分自身を深く理解し、使命が明確になったことで、ぶれない歩みを手に入れることができました。その経験を生かして、ブログ、ポッドキャストでの情報発信、オンラインコース、1on1のコーチングを提供しています。
タイトルとURLをコピーしました